日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第七回映画レビュー:黒い家
2009年03月18日 (水) | 編集 |
映画の怖さには、

・残酷描写が怖い
・化け物の人間に無い能力が怖い
・呪い等のルール(設定)が怖い
・「志村うしろ!」的なキャラと観客目線の違いによる怖さ
・画面外にいかにも何かいるんじゃないかという怖さ

などなど色々あって、今後も新たな怖さが提案されるはず。

で、化け物の怖さには、人間の理屈(ルール)が通じない事への恐怖も含まれる訳だけど、理屈の通じない人間はもっと怖い。
この映画を見て感じたのはまさにそれ。

大竹しのぶは完全に「いっちゃってる」
ストーリーとか演出とかそんなのは関係なくて、とにかくこの人が怖すぎる。
気になって夢中で映画を見るんだけど、一度見たら二度と見たくない。
だって怖いんだもん。

やだよ、この人。映画とは言え、二度と関わりたくない。





【DVD】黒い家


黒い家

監督:森田芳光

1999年日本

スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
第六回映画レビュー:歓喜の歌
2009年03月18日 (水) | 編集 |
主人公の主任の駄目駄目っぷりが笑える。そのほかのキャラも端役の一人一人にまで人生が感じられる。

ただ、肝心のコンサートの演出がまずくて全く盛り上がらない。あれはない。
キャラを丁寧に描いているのだって、結局は合唱に収束させる為なのに…。
また、エンドロールで合唱曲を用いないのも理解に苦しむ。

音楽映画はラストにドーンと曲とともに盛り上がって、そのままバーンとエンドロールに流れ込んで(それまでの出来を度外視して)観客の心を揺さぶるものなのに、これじゃ消化不良も良いところ。

好きか嫌いかと聞かれれば胸を張って好きと言えるのに、出来が良いか悪いかと聞かれると悪いと答えるしかない、そんな極めて残念な映画。





【DVD】歓喜の歌


歓喜の歌

監督:松岡錠司

2008年日本

テーマ:映画感想
ジャンル:映画
WBC 2次ラウンド1組 ゲーム4 韓国 vs. 日本 2009年3月18日
2009年03月18日 (水) | 編集 |
ダルの球自体は抜群。結局外野に飛球が飛ばなかったんじゃないの?
カブレラのインハイに突っ込む男が、なぜこんなに慎重になるのか。
城島は先を見据えて初回は外を揃えたんだろうけど、ダルは立ち上がりが悪いので初回は全力で行かないと駄目。


キューバ戦でもそうだったけど、イチローが走る場面でなぜ片岡は初球を打つのか。
相手が気にしているのは明らかだし、しかも、今日は投手の球数制限が迫ってきたというのに。
状況判断がここまで出来ないなんてありえない。


8回の継投が判らん。
涌井に30球以上投げさせたくなかったのか??
1点勝負で1塁が空いている場面で左に拘るのも判らん。
結局、小松・内海が全く信用されておらず、2枠無駄にしているのが響いている。
だったら、なんで和田を落としたんだよ。
(これは彼らの問題というより、投手起用に難があるように思える。)


同じ投手に同じ様にあしらわれ、力負けとしか言いようが無い。


審判に嫌われた。試合終了後にイチローが叫んだ横を通り過ぎて何か言ってたな。
次の試合出場停止とかだったら、かえってプラスになったりして。
イチローが出ない事がプラスじゃなくて、チームが一丸となるという意味でですよ!
そうですとも!!


イチローはノー感じ。合間に流れる出演CMを見るとイラッと来る(苦笑)
星野みたいにバッシング対象にならないと良いけど。


先制される、ロースコアの接戦と負けパターンにはまってしまった。打線の勝負弱さは相当なもんだな…。


内川をもっとうまく使えないもんかね。今日も内容的には悪くなかったし。
今日の試合でみればたいした問題じゃないんだけど、大会全体で上手く使っているようには思えない。
レフトの守備はどんな感じなのかね。青木より送球が良ければ守らせてもいいと思うけど…。


もうやけくそ。これでどうだ!!
D青木
5川
7内川
3村田
9稲葉
6中島
8福留
2城島
4岩村


明日は見られない…。ガックリ。
テーマ:WBC
ジャンル:スポーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。