日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WBC 2次ラウンド1組 ゲーム1 キューバ vs. 日本 2009年3月16日
2009年03月16日 (月) | 編集 |
※試合を全て見た訳じゃないので、ご了承ください。

今日は松坂の投球に尽きる。
真っ直ぐは殆ど無かったんじゃないかな。
三振を狙いに行った球くらいで、あとは全て変化球だったのでは。

おそらくキューバにとって、彼は最もデータが揃っている相手だっただろう。
その松坂が従来と全く異なった組み立てをしてきたので、大いに戸惑ったことは容易に想像できる。
特に右打者の内側から入るカットボールが有効で、面白いほどカウントが取れた。
あの球を投げる投手自体が多くないので、打者によっては初めて見る軌道だったかもしれない。

この組み立てで臨んだバッテリー、首脳陣の勝利。
もちろん、組み立て通りに投球できる技術があってこそだけどね。

打線も効果的に点が取れた。(ミスもあったけど)
日本が勝つには、先制して徐々に引き離すというパターンが一番。
リードされたり、ロースコアの接線になると打線が機能しなくなる恐れがあるので。

岩村、小笠原に安打が出たのは光明。福留にも出て欲しかったけど。
川の状態が良いし、チームを鼓舞する力があるので、先発で使って欲しい。

<追記>
再放送を見ましたが、それなりに真っ直ぐ投げてますね。
寝ぼけてたかな…。
スポンサーサイト
テーマ:WBC
ジャンル:スポーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。