日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WBC日本代表 ~侍ジャパン~ 2008年12月15日発表
2008年12月16日 (火) | 編集 |
WBC日本代表 ~侍ジャパン~ 2008年12月15日発表

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/event/wbc2009/index2.html

岡島、松井稼、西岡が外れたのが目を引く。

3人とも中心になり得る存在だけに…。

球数、連投制限で、先発タイプを厚くしたい意図は分かるが、岡島を外すのはどうなのか。
メジャー球に最もアジャストした投手で、選出されれば、リリーフの軸になる存在だと思っていた。どう考えても、山口より使えると思うが…。

まあ、こうなると斎藤隆に頑張ってもらわないとね。
藤川は日本での成績は文句なしだが、国際試合では結果を残していない。
反面、斎藤はメジャーでの成績は抜群。故障の影響でどの程度やれるのか分からんけど、何とか間に合って欲しい。

松井と西岡は片岡、岩村、川に押し出された形か。
五輪の教訓から万全な選手をって事かもしれんが、川が選ばれてるし、これは理由にならんか…。(斎藤隆もおるし)
二遊間では、松井は日本人最高のプレイヤーだと思うんだけどね。
片岡は旬の選手だけど、ポテンシャルは松井には及ばない。
あと、村田や小笠原を選ぶなら、松井、西岡の方が絶対仕事をすると思う。

日本での実績関係なしに、国際試合の向き不向きは絶対にあるからね。
スラッガータイプは、長打が打てないと居ても意味無いからね。他に出来る事が無い。

日本人が国際試合で勝つには、スピードのある選手を厚くして、松中のように、国際試合に適応できるスラッガーを少々って感じが良いと思うんだよね。

どっちみち、スラッガーを揃えたって、パワー負けするのは火を見るより明らかなんだから。

…とまあ、始まる前からブツクサ言うのもアレなんで、これ以上言わないようにします。
頑張れ~!!


コールセンターに14日間で3万件、辞退質問が半数以上 裁判員制度

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081216-00000576-san-soci

日本人は社会への貢献や、自分が社会の一員である事への意識が低すぎる。
裁判ってのは、国民生活に決して無関係なものではない。
地域社会への関心を深める事が、広義での防犯へと繋がる事も期待出来る訳で。
制度の不備もあるかもしれないが、「自分さえ良ければ」では日本は崩壊するよ。
どうして裁判員制度が導入されるのか。決して迅速化だけが目的じゃない。
もっと真剣に向き合って欲しい。
スポンサーサイト
テーマ:WBC
ジャンル:スポーツ
査定
2008年12月09日 (火) | 編集 |
日本ハムの鶴岡は1000万円増=プロ野球
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/headlines/20081209-00000185-jij-spo.html

日本ハムに冬の珍事?高橋が2年ぶり保留
http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20081205-436849.html

ハム梨田監督、来季正捕手は勝率で選ぶ
http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20081208-438002.html


打てなくて勝てないチームなのに、守備重視の査定はどうなのか。
これじゃ、選手が守備さえ出来れば良いと思っても仕方がない。彼らは個人事業主なんだからね。

ここで例として捕手の査定を挙げた。
ベースの金額が違うとはいえ、このままでは高橋は納得できないだろう。

簡単に複数ポジション制と言うが、捕手と他のポジションでは訳が違う。
12球団でも兼任している人間は殆どいないのに、金額に反映されない。
まして.210台の選手に上がり幅・額共に負けるとは…。(ベースの金額が違うけど)

それに、勝率を捕手で選ぶのもナンセンス。(こんな記事に反応するのもアレだが)
「一緒や!打っても!!」状態ならまだしも、負け試合は点が取れないケースが殆どなんだから、勝敗における捕手のウェートなんて些細なもの。

配球だってチーム単位で方針があるはず。
その為のスコアラーやコーチ陣なんだから。

「細かい野球=高度な野球」ってイメージがあるけど、そんな事はない。
少なくとも、今年のハム野球はつまらなかった。
見ていてワクワク感が無い。
2~3点取られると「今日もダメだ…」って感じになり、打者に打てる気配がない。
特に、西武戦での圧倒的な力量差には絶望感しかなかった。

二岡獲得など、点が取れるチームへの変貌を目指している事は感じられるが、査定でも「打者」をもっと評価して欲しいもの。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。