日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008 ハム戦力外通告
2008年10月03日 (金) | 編集 |
来季契約について

中村泰はもう一年見て欲しかったが、それ以外は概ね想像通りか。

ただ、逆に言うと、1年で切られたのは全く駄目だと判断されたのだろう。
キャンプでは期待されてたし、個人的にも期待大だったんだけどね…。

第一弾の通告はバッテリーのみだったけど、第二弾で他の野手も来る…と考えるのが妥当だろう。

伊藤は生き残ったのだろうか??
金沢が第一弾で、伊藤が第二弾というのもちょっと変だし。
どうなるんだろうか。

で、面子はともかく、捕手が2人ってのが今回のポイントかね。
2人も切ると、ドラフトで獲りそうな気がする。

個人的には、無理して獲らなくても良いんじゃないかな、と。
今回の二人は、捕手としてそれほど試合に出てないし、いなくても試合消化にはそれ程問題ない気がする。
(駒居はブルペン捕手で残るだろうし)

小山を上で使った様に、怪我があった時に確かに困るのだが、これはトレードでもカバーできる。
今年から1ヶ月期間が延びたし、実松当たり獲るんじゃないかね…。

この「獲らんでええ主張」の理由は、捕手は経験を積まないと厳しいという考えから来ている。
多くの候補から選別するより、ある程度ポジションを与えていかないと駄目なんじゃないかと。

新人を獲るとなると、ある程度使わない訳には行かなくなる。
かと言って、今成、渡部は「駒居状態」でも無いので、彼らの場数が減るのも困る。
今成、渡部より秀でた何かを持っていれば話は別だが、「将来性」にすがる指名は御免被りたい。

…っとまあ、尾崎を捕手コンバートしようとしたくらいだし、私がグダグダ言った所で、捕手を指名しそうだけどね~(苦笑)。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。