日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年 西武ライオンズ パ・リーグ制覇
2008年09月28日 (日) | 編集 |
今年は西武戦を見るのがイヤだった。

打者の振りが全然違うんだもの。
期間限定昇格の黒瀬でさえ、森本などよりよっぽど力強いスイングをしている。

これじゃ勝負にならない。

日本では、打ち勝つ野球よりも、守りを中心とした野球の方が「高度」と認識される事が多い。

だが、いくら堅守や走塁・小技の技術を誇っても、圧倒的なパワーの前では無力である。
投手がどんなに良くても、失投がゼロになる事は無い。
それを一球で決められるのと、塁に出て次の失投を待つ(引き出す)のでは全然違う。

今までの打ち勝つ野球と言うと、外国人や補強した選手に頼るケースが多かった。
西武も外国人が活躍したが、鍛えて作り上げた印象が強い。
この、鍛えて強力打線を作った事は、他球団に大きな刺激となったはず。(資金不足の球団は特に)

今回の西武の優勝が、日本野球を変える起爆剤となって欲しい。
いや、そうで無ければならない。
世界の野球に日本が取り残されない為にも、絶対に。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。