日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北海道日本ハムvs千葉ロッテ 2008年7月23日の試合。
2008年07月23日 (水) | 編集 |
1.
8回の1死一塁から送りは無いだろ~。
あそこで小田一人に賭けるより、稲田・今成に替えて、小田・ボッツの2人に賭けるのが普通だろ。
得点圏に送っても、外野が前に来るんだし、ワンヒットじゃ帰れない可能性高いんだしさぁ。

1死からの送りはホントに萎える。
まあ、そもそも無死で送れない打者や、送りを選択せざるを得ないほど打力に期待できない打者が悪いんだけど。

それにしても、ボッツ使わんのぅ。
まあ、稲葉がDHだから使いづらいんだけど、彼が5番を打てるようにならないと、今後もジリ貧が続くだけなんだよね。
ボッツ5番でスレッジ6番、捕手高橋7番なら、かなり厚みが出てくる。
捕手高橋をクリーンナップにすると、あまり機能しないんだよね。
そもそも、高橋の打力は、捕手だからこそ「お得感」があるわけで。一塁に固定するには微妙な打力なのよね。コンバートするならサードかな。

鶴岡は代打・今成されるほどの期待値しかないし、それなら高橋を使って、小田とかボッツとか1塁に使って欲しいんだよね。
ハムの非力な連中にはワクワク感が無い。

2.
散々酷評している工藤が活躍。
最後の真っ直ぐを打ち返したヒットは良かった。
今までだと、ポップフライか見逃しのパターン。
ただ、春先にも1日だけ爆発して、あとはご覧の通りだったんで、明日以降にならんとね。
根本的に欠点が直ったようには思えんので。
元々緩い球には対応可能だったので、外の真っ直ぐをどれだけ対処できるかどうか。
その意味でも、真ん中とはいえ、真っ直ぐを打ち返せた事に価値がある。

3.
藤井は結果的にはそれなりだけど、相手の打ち損じに助けられた印象。
自分でもそれが分かっているから、慎重になってカウントを悪くして打たれる悪循環。
彼自身、かつての投球が出来ない自分に、やり場の無い怒りがあるのかもね。
選手生命のターニングポイントですな。
スポンサーサイト
北海道日本ハムvs千葉ロッテ 2008年7月22日の試合。
2008年07月23日 (水) | 編集 |
「そろそろ、武田久の後釜を本気で作っていかないと。」
そう感じざるを得ない試合だった。

弥太郎や金森が自信をつけてくれれば、今以上にやれると思うんだけど、そうは簡単にはいかんだろうね。

山本にも期待してるんだけど、下でも冴えない数字だしなぁ…。
素材型とはいえ、2浪してるんだし、来年には方向性を見せてくれないとね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。