日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
楽天がセギノール獲得。
2008年07月30日 (水) | 編集 |
期間が7月末までだから、まさにギリギリ。
楽天と言い、オリックスと言い、やる気のあるフロントがうらやましい。
現場としては難しいとこかもしれんが。
獲った以上、上でテストしない訳にもいかんからね。

で、楽天はセギを使うのかね??
野手3人制も可能だけど、DH、1塁は山崎武、フェルナンデスで埋まっとるからね。
フェルナンデスを3塁にすることも可能だけど、散々守備で足を引っ張られているだけに、3塁では起用しないと思うけど…。

年俸は安く感じるけど、残り1/3程度だから妥当じゃないかな。
個人的には、セギの元年俸を考えれば解雇は妥当な事だったし、「ふーん」って感じかな。
バックアップ要員で残すにしても高すぎたし。

それよりも、ジョーンズを戦力として計算してた事が問題だよな。
まあ、くどくなるのでこれ以上はやめとくけど。

で、ボッツの結果が出んね。
見てないのでなんとも言えんが、打席数40で三振18は多すぎだのう…。
向こうでの数字からこの傾向はあったが、まともに当たる事自体少ない気がする…。
ただまあ、オールスター休みがあるんで、この期間で何とかきっかけを…!

個人的にはまだまだ見切っていない。
っていうか、彼を見切ったらジリ貧街道が続くだけなんでね。
あと2日で動きがあるとは思えんし、打ってもらわんと困るのよ。
スポンサーサイト
北海道日本ハムvs埼玉西武 2008年7月27日の試合。
2008年07月27日 (日) | 編集 |
テレビをつけたら、金子のバント失敗でゲッツーになった所だった。
もうね、速攻で見るのを止めた私は超勝ち組(苦笑)。
で、さっきネットで確認したけど、やっぱ負けたのね。

このところの裏目ぶりには呪われとる。
バントも出来ない。強行するとゲッツー。エンドランでも三振ゲッツー。
もう、どうしたらいいんでしょうか??

今日は最後のチャンスで代打鶴岡だったみたいだし。
やっぱり、見てない私は超勝ち組。

シーズン序盤から小田に代打飯山とかやってるから、大事な場面でこうなる。
そもそも、首脳陣は小田の対左対応力を把握して無いだろ。
能力が分からないから、とりあえず右の代打。
なんか、野球ゲームのCPUみたいな思考回路だな…。(最近の野球ゲーム知らんけど。)

あと(大して変わらん気がするけど)、あそこで尾崎を使わんのなら、何の為に上げたのか分からんのですが??

去年の契約更改で、稲田や飯山の年俸が大幅アップした時から、嫌な予感はしてたんだよね。(ホントですよ!!)
守備に対する評価が、他のチームと違いすぎる。
野球は点取りゲーム。打てる選手が最優先。それが普通なんだけどね…。
打てる人がいないので、仕方なく守れる人を使ってるんだけど、査定をそれに合わせるのはどうなのか。

点が取れないチームはホントにつまらんのう。

もうちょっと、打つかもしれない人を使ってくれんかね。
ボッツとか。
どうせ3点取られたら負けなんだから、捕手はずっと高橋でいいよ。最近打ててないけど、ハムが3点取る確率が多少は上がるんで。

ホントは中田使え~、とか言いたいんだけど…。
やばい、また沸々と怒りが…。
北海道日本ハムvs千葉ロッテ 2008年7月24日の試合。
2008年07月25日 (金) | 編集 |
ここ2年間、優勝した年にも「やばい時期」はあったけど、今年はそれとは明らかに違う気がする。
他がもたついてるので目立たないが、ダル以外で試合にならないケースが多すぎ。
とにかく点が取れないので、もう投手が我慢しきれない。
こりゃ、球団の完全な失態だよな。
右打者がいないのは分かりきっているのに、獲って来たのは左のスレッジで、まさかのジョーンズ残留。
100歩譲って残留オッケーだとしても、普通の球団ならバックアップを用意しておくもの。
営業的に中田が出易い布陣にしたかったんだろうが、その中田も球団の不手際で半年間棒に振る事に。

その対応がまずすぎるだろ。
骨折が判明したら、「彼の態度が悪かったので放置してた」とか。アホか。
そもそも、トレーナーの診断が間違ってたのに、子供のケンカとしか言い様の無い話題のすり替え。
中田に大人の対応を求めるなら、まず球団側が大人にならないとどうしようもないだろ。
それに、中田の態度が悪いのは確かだろうが、それをマスコミに公言するのはどうなんだ。
球団は選手を守るべきだろ。少なくとも対外的には。

個人的には、食品偽装で「私は知りません。現場の社員がやりました。」と言い逃れしているのと同様のアホさを感じる。

球団のやる気の無さがプンプンするのが何よりも腹が立つ。
この試合にしても、誤審に対して提訴する予定はないという。
普通の球団なら、ビデオを添えて提訴するだろ。あれだけ監督が抗議してるのに、何のバックアップもなし。
提訴しても何も変わらんって事だろうが、例えば巨人辺りなら、ビデオ判定導入を含めた流れに絶対持っていくはず。

巨人は何かと批判の対象になる事が多いけど、球団としての意見がしっかりとあって、それに対して実行していく姿勢は素晴らしいし、羨ましい。
どっかの球団のように、とりあえず道民に媚売って「We Love Hokkaido」とかやって客が入ればそれで良い、とは大違い。

いきなり話は飛ぶけど、今年は東海大相模の大田に行くべきだと思う。
理由は上を読んで頂ければ分かると思う。
尾崎も陽が入った事で尻に火が付いたし、陽、中田を刺激する意味でも獲得したい。
ただ、中田の件で先方に拒否されるかもね。大田に限らんけど。

アマからすれば、大事な選手を預けて、対応ミスで半年を棒に振り、しかも「選手が悪い」で改善策なし。
普通、こんなチームに行かせたく無いよな。

くどくど書いてごめんなさいね。
北海道日本ハムvs千葉ロッテ 2008年7月23日の試合。
2008年07月23日 (水) | 編集 |
1.
8回の1死一塁から送りは無いだろ~。
あそこで小田一人に賭けるより、稲田・今成に替えて、小田・ボッツの2人に賭けるのが普通だろ。
得点圏に送っても、外野が前に来るんだし、ワンヒットじゃ帰れない可能性高いんだしさぁ。

1死からの送りはホントに萎える。
まあ、そもそも無死で送れない打者や、送りを選択せざるを得ないほど打力に期待できない打者が悪いんだけど。

それにしても、ボッツ使わんのぅ。
まあ、稲葉がDHだから使いづらいんだけど、彼が5番を打てるようにならないと、今後もジリ貧が続くだけなんだよね。
ボッツ5番でスレッジ6番、捕手高橋7番なら、かなり厚みが出てくる。
捕手高橋をクリーンナップにすると、あまり機能しないんだよね。
そもそも、高橋の打力は、捕手だからこそ「お得感」があるわけで。一塁に固定するには微妙な打力なのよね。コンバートするならサードかな。

鶴岡は代打・今成されるほどの期待値しかないし、それなら高橋を使って、小田とかボッツとか1塁に使って欲しいんだよね。
ハムの非力な連中にはワクワク感が無い。

2.
散々酷評している工藤が活躍。
最後の真っ直ぐを打ち返したヒットは良かった。
今までだと、ポップフライか見逃しのパターン。
ただ、春先にも1日だけ爆発して、あとはご覧の通りだったんで、明日以降にならんとね。
根本的に欠点が直ったようには思えんので。
元々緩い球には対応可能だったので、外の真っ直ぐをどれだけ対処できるかどうか。
その意味でも、真ん中とはいえ、真っ直ぐを打ち返せた事に価値がある。

3.
藤井は結果的にはそれなりだけど、相手の打ち損じに助けられた印象。
自分でもそれが分かっているから、慎重になってカウントを悪くして打たれる悪循環。
彼自身、かつての投球が出来ない自分に、やり場の無い怒りがあるのかもね。
選手生命のターニングポイントですな。
北海道日本ハムvs千葉ロッテ 2008年7月22日の試合。
2008年07月23日 (水) | 編集 |
「そろそろ、武田久の後釜を本気で作っていかないと。」
そう感じざるを得ない試合だった。

弥太郎や金森が自信をつけてくれれば、今以上にやれると思うんだけど、そうは簡単にはいかんだろうね。

山本にも期待してるんだけど、下でも冴えない数字だしなぁ…。
素材型とはいえ、2浪してるんだし、来年には方向性を見せてくれないとね。
中田骨折
2008年07月15日 (火) | 編集 |
この件に関しては、2点。

まずは、手首の怪我による、打撃への影響。
かつて中村ノリも、手首を故障したことで長距離砲としての魅力が半減した。
これに関しては、現在取り組んでいる負担の少ないフォームをものにしてもらうほか無い。

ただ、ものにするにしても、球団への不信感が増したことは疑いようがなく、モチベーションを維持できるかどうか。
この球団への不信感が2点目で、これは中田一人に留まるとは限らない。
立場の弱い人間ほど、他者への不満が募りやすいのは世の常。
「プロになる前は、こんなはずじゃなかった…」
個々の不満が表面化するトリガーになれば、チームが崩壊しかねない。

また、今回の件はアマチュア球界からのイメージ悪化は避けられず、万が一彼が大成しなかった場合、「中田はハムが潰した」と言われるのは間違いない。

球団としては、今回の件をトレーナー一人の責任とせずに、可視性のある、チーム内外が納得できる改善策を講じなければならない。

ただ、今はともかく、球団の全てを挙げて彼をバックアップしてほしい。
その事を切に願いたい。
千葉ロッテvs北海道日本ハム 2008年7月9日の試合。
2008年07月09日 (水) | 編集 |
打たれたけど、グリンにうっすらと光が差し込んできた気がする。
ただ、彼を含めて先発が役割を果たしていない。
交流戦明けで休養が取れただけに、不満が残る。

しかし、こういったときこそ野手陣がカバーせねば。
今日は守備でも良いプレーが再三見られ、点も取れた。
だが、大嶺がバテるまでは手も足も出ず。もうちょっと何とかしてもらわんと。

とりあえずボッツに一本出て良かったのと、明日も今成を使ってみて欲しいね。
北海道日本ハムvsオリックス 2008年7月6日の試合。
2008年07月06日 (日) | 編集 |
これだけポコスカ打たれると清々しいね。
「しゃーない」

武田勝はまだ本調子じゃないので、2回連続で抑えられるほど、相手も甘くない。

金子を久々に見たけど、真っ直ぐの伸びが戻ってきてて、良い感じだった。
この感じでいければ、また勝てるようになるんじゃないかな。
期待の投手だし、良い方向に行って欲しいね。

ハムの金子も、戻ってくると締まるよね。
いない間は「どっちでもいいよ」って感じだったけど。(苦笑)

ただまあ、稀哲、金子戻りーの、ボッツ来ーのだけど、高橋、紺田外れーので、なかなか揃わんのー。
もうすぐダル、稲葉も外れーのだし…。
糸井はこの期間がラストチャンスのつもりでやって欲しいね。
今じゃ貢献度も期待度も完全に紺田に負けてるし。本人も打撃で負けるとは思ってなかっただろうけど、現実を見据えないとね。
いつまでも「野手経験が不足して…」とか言ってられんので。

あ、あと、唐突だけど、宮本もそろそろ転向した方が良いんじゃないかね。(右打ちだったらとっくに転向してるレベルだよね)
投手として上で貢献できる様になるイメージが湧かない。
特徴が無いんだよね。左相手に使えるかもって感じだけど、対左に期待できるってレベルには程遠い。
サイドにするにしても、お早めに。

今日の試合は紺田がいないことが地味~に響いた感じがする。
2番稲田は弱いし、紺田の替わりは工藤だし。(1本コースヒット打ったけど)

面子が揃わないから仕方ないけど、工藤は打席を与えるに値しない状態だよな。
ここまで打撃が狂ってる選手はなかなかいない。
レア物なので、天然記念物を見る目で、やさしく見守るのが吉。

「狂ってる」というのは、直る可能性があるという事なので、下で打撃の調整をすべきだと思うんだけど。
ボッツと入れ替え…は市川だろうな。

で、紺田の具合が分からんが、彼が駄目なら、マリンでは左翼スレッジ、一塁小田、DHボッツになりそう。

あ、良く小谷野が一塁の守備固めに入るけど、一塁守備は小田の方が上手い気がする。
小谷野が上手いのはサードでしょ。

取り留めなく書いちゃったけど、ボッツを見たいぜ~!!
ダルブロ
2008年07月05日 (土) | 編集 |
ダルのブログを初めて見ました。

藤井ブログのにおいを感じたのは私だけではない筈…。

このところ色々と忙しいので、更新が滞る可能性が高いです。

申し訳ございませんが、ご了承くださいませ。
第二回映画レビュー:ロッキー・ザ・ファイナル
2008年07月03日 (木) | 編集 |
シリーズを見ていなかったけど、ロッキーのテーマが鳴ると興奮するし、クライマックスでは鳥肌が立った。

でもね、大事なのはそこまでの過程なだよね。

人間誰しも、胸の奥でくすぶっているものがある。
だけどそれをなかなか具現化出来ない。
言葉に出してみても、1秒後にはすぐさま反論される。

この映画はまさしくそれ。

それでもね、それでも胸のくすぶりを完全燃焼させるべきなんだ。
「自分を信じろ」
映画などで嫌になるほど耳にするフレーズだけど、ここまで私の胸の奥に届いたのは初めてじゃないかな。





【DVD】ロッキー・ザ・ファイナル


ロッキー・ザ・ファイナル

監督:シルベスター・スタローン

2006年アメリカ

テーマ:映画
ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。