日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年5月11日の試合。
2008年05月11日 (日) | 編集 |
牽制悪送球は、失敗を続けても走り続けた事が功を奏した。
また、川が逆シングルで捕りにいった森本の安打も、走力の無い打者なら、正面で取り、踏ん張ってワンバウンド送球でアウトに出来た当たり。

やはりハムの野球は、走力を相手に意識させてナンボ。
安打待ちでは、どうにもならん打線だからね。

地味な試合だが、今はコレでやっていく他無い。

それにしても、今日の6回裏の攻撃には失望した。
先頭の賢介が四球で出たが、稲葉はカウントを取りにくる甘い玉を見逃して、ボール球で三振。スレッジは0-2からボール球をポップフライ。代打小谷野は三球三振。

腹が立つと言うより、脱力した…。

とりあえず言えるのは、左でも小田をそのまま使ってくれ、と。
ここ数年、殆ど左投手と対戦してないので、いきなりは結果が出ないと思う。
ただ、相手からすれば、小田に替わって欲しくて左投手を出している部分もあるはず。
小田→小谷野じゃ、相手は大喜びだろ。

今のハムで、数少ない打てそうな打者。有効に使って欲しい。

昨日は工藤より鵜久森をと書いたが、今日の工藤は内容のある打撃だった。
今日の感じでやってくれれば、守備では一日の長があるだけに、まだまだ安泰か。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。