日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年5月10日の試合。
2008年05月10日 (土) | 編集 |
藤井は躍動感があって良かった。
イメージしていたヤクルト時代のフォームだった。

負けた事は残念だし、こうした試合で勝ちがつかないと、波に乗れないのはもちろん。
ただ、彼は経験豊富な投手だし、今日の投球で何かを掴んでくれたのでは。
そうであるなら、今日の負けはどうって事は無い。

ハッキリ言って、今日の杉内相手に勝つのは無理。
思い通りのところに投球できていたし、左から右への強風。
右打者の内角へ臆せず飛び込む事が出来、持ち味が更に生きた。

風を考慮し、高橋などは右狙いに徹していたが、杉内の角度のある球を逆方向に打つのは至難の業。
かといって、この風では引っ張っても安打にするのも困難。
今日の場合、左打者しか攻略のチャンスが無かったが、賢介・稲葉で1安打ではお手上げ。

この状況下で、西武打線ならどんなアプローチをしたんだろうか??
その対戦が見たかった。

ただでさえ、今のハムは左に分が悪いのに、ハム打線には勿体無い投球だった。

鵜久森は、あと1・2度あるであろう先発機会で結果を出せるかどうか。
個人的には工藤よりも使って欲しいが…。

5連敗だが、今日の負けはさして響かないはず。明日に期待。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。