日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京ヤクルトvs北海道日本ハム 2008年5月29日
2008年05月29日 (木) | 編集 |
高橋もなぁ、ああいうポロリがあるから鶴岡と併用される訳で。
飯原はそんなに良いスタートじゃなかったから、投げられればアウトにするチャンスがあっただけに。
まあ、まだ万全じゃないのかもしれんが。

建山も相変わらずスライダーが高いね。
曲がりが大きい球だけに、制球が難しいのかもしれんが、もうちょっと低めに投げて貰わんと。

で、今日のハイライトは飯山起用でしょ。
普通は、いくら左とはいえ、飯山使うならショート高口、サード小谷野、ファースト小田にしろって思うでしょ。
そこでまさかの2出塁。
守備も安定してたし、これをきっかけに元の姿に戻ってくれれば。

さて、9回は高橋が四球だったら、工藤に代打小田をしてたんだろうか??
高橋で点が入ったけど、それでもあそこは小田を出す場面だと思う。
まあ、稲葉に代走紺田を送った事で、工藤を替えられなくなったんだけど、その交代も意味があるのかどうか。
9回2死まできて、裏の守りを休ませるってどうなの??
仮に延長になったら、絶望的に点が取れないオーダーになるんだけど。

1点差じゃ何が起きるか分からんし、一発打たれれば、守備固めをしても意味無い訳で。
投手陣を信用してるって言えば聞こえがいいけど、チャンスの時は点を取りに行く采配も必要のはず。
常に守りに入っていたら、そのうち我慢できなくなるで。

押本は投げづらかったのか、ちょっとぐだぐだしとったね。

ま、DHの無いビジターをタイでやり過ごせたので、札幌に戻って普段の戦いをって感じですかね。
ここで稲葉がDHに入るようなら、今日の交代が理解できるんだけど。

多田野に触れてなかったけど、前回の中日戦よりは良くなかったと思う。
ただ、どんな場面でも自分の投球が出来るのが強み。
どんな展開になっても、投手が投げない限り試合は動かない。
試合を支配するのは投手なんだ、と感じさせてくれる投手ですな。

1回り目が完璧なだけに、2巡以降にアジャストされるのが気になるけど、それを言ったら、完全試合するしかないからね。
ここまで、文句の無い結果を出していると言っていいだろう。
スポンサーサイト
東京ヤクルトvs北海道日本ハム 2008年5月28日
2008年05月28日 (水) | 編集 |
鶴岡も大変だね。
毎度の事とはいえ、マウンドからあんなに怒鳴られて。
前回登板時に、ベンチに戻ってきて鶴岡が頭からタオルを被るシーンがあって、色々と神経使って大変そうだね、と思ってしまった。

まあ、ダルもツル相手には遠慮せずに怒鳴れるので、やっぱり良いコンビなのかな。

そのダルは、珍しく点を取ってくれたので戸惑ったのか??
簡単に終わらそうとしたら、打たれて逆に球数が増えてしまった感じ。

今日も真っ直ぐはバラつきが目立ち、右の強打者タイプが少ないので、ツーシームも少な目。
困ったらスライダー、カットボール。
カーブを有効に使えばもう少し楽になった気がする。
あれだけ点を取ってくれたんだから完投して欲しかったけど、まあ、こういう日もあるよね。

その他は箇条書きで。


  • 村田は打席では頑張っていると思うが、守備面では稀哲がいれば…なシーンもあった。まあ、そんな事言っても仕方ないので。稀哲が帰ってきたときに、どんなポジションにいるかが大事。欠かせない存在になれるよう、頑張って欲しいもの。1番が塁に出ると、2番が送って良い形で中軸に回り、得点の確率が上がる。今のハムの得点パターンは殆どこれなので、とにかく塁に出て欲しい。
  • 小谷野が攻守に目立った。タイムリーはともに2死からで、非常に価値がある。数字が悪くても気合が伝わってくるタイプで、応援したくなる選手の一人。彼が定着してくれると、バランスが良くなる。ただ、今日はヤクルトの攻め方にも問題があった。右狙いは明らかなだから、もっと内を意識させないと。村中は右の内角に角度のある球を放れるんだから。
  • 陽が降格。守備がまずい選手が打てないようだと仕方が無い。今期ほどのチャンスはなかなか無いが、結果が出せないのだから仕方が無い。反面、高口にとってはチャンス。2番に定着できれば、ランナー村田でバントする事になり、フェアゾーンにさえ入れれば、大抵成功する。数をこなすことで自信をつけて精度を上げて欲しい。まずは守備固めを送られない選手になるよう頑張って欲しい。
  • 飯山の所に飛んで、一瞬ドキッとした。安心できるようによろしくお願いします。


連敗を2で切り上げたのは大きい。
多田野には、久々の神宮のマウンドを気分良く投げてもらえるよう、打線も早い援護を!!
稀哲骨折って…。
2008年05月26日 (月) | 編集 |
いくらなんでも怪我人多すぎだろ…。

う~ん…。
まさかのジョーンズ昇格だったら泣く(苦笑)。
…って笑えねーYO!!

って、陽!!
もっとしっかりしろ!!
飯山!!
いい加減にしろ!!

替わりは糸井かなぁ??
昨日からスタメン復帰したのが不幸中の幸いになるかどうか。

村田といい、糸井といい、まさかと思うが坪井といい、左ばっかじゃのう。
鵜久森下げたばっかだし。

まあ、彼の下げは間違ってないと思うけど。
結果は残していたけど、降格前は内容がひどかったからね。

右打者いないんだよね。
尾崎、洋平が短期間で激変してるとは思えないし、中田はまだまだだろうし。
仮に中田を上げても、守る場所が無いしね。

まあ、チームの雰囲気を変えたいなら中田しかいないけど、そこまで切羽詰まったわけじゃないからね。

前にも書いたけど、左でも小田を使って欲しいんだよね。
捕手高橋、一塁小田、三塁小谷野、稲田、(小田)、遊撃陽、高口、左翼スレッジ、中堅糸井、村田って感じで。

ハッキリ言って、ろくな右打者は残ってないんだから、小田に期待した方が良いと思うんだけどね。
どうでもいいけど。
2008年05月24日 (土) | 編集 |
ホークスはダイエー時代の復刻ユニフォームをやるなら、「ガッチャマン」にして欲しかったな。
オリックス・コリンズ監督が電撃辞任
2008年05月21日 (水) | 編集 |
う~ん、これは…。
なぜこの時期に、というのが一番かな。
徐々にチーム状況が上向いてきただけにね。

内情はもちろん分からないけど、ちょっと無責任な、という感もある。

今期は開幕前から怪我人が多く、監督としてもどうしようもない部分もあったと思う。

それにしても、オリックスは監督がコロコロと替わっており、中長期的にチーム再編を期待していたはずだったのだが…。
大石代行にはチームを少しでも早く正常化させて、能力次第で中長期的にチームを作っていって欲しいもの。

さて、今日のハム戦。

ダルの交代はありだと思う。
ベストの選択とは思わないが、まあ、ありかな。

中盤以降アップアップだったし、打たれていた中軸に当たる。ダル自体、ここ最近出来が落ちてきているしね。

マイケルがいれば、武田久登板がベストだったが、さすがに星野では荷が重かったか。
内川、ビグビーには力通りキッチリと打たれてしまった。
特に内川はどんな球にも対応できる感じで、野手の正面に飛んでくれるのを待つしかない感じだった。
まあ、それがHRになっちゃう時点でほぼ負けパターンだったんだけどね。

打線がホントによく繋がってくれた。
三浦には6・7回と沈黙してたけど、球自体は落ちてきてたので、8回はチャンスかな、と。
そのチャンスをモノにした攻撃を称えるべきだろう。

さて、工藤はそろそろ下げた方が良いでしょ。
使うにしても9番で。
何度か書いてるけど、落として下で根本的に打撃を変えないと駄目でしょ。
村田と入れ替えてもいい頃だと思うけどね。
2008年5月20日の試合。
2008年05月20日 (火) | 編集 |
BBが持ち上げるのに大変そう。
カイル君、もう少し痩せようぜ!!

建山…
勝負球、と言うか、スライダーがことごとく甘いよ。
追い込んで何で真ん中に行っちゃうかな。
去年の日本シリーズでの滅多打ちを思い出した。

あんたがしっかりしてくれないと困りますので。
頼むよ!!
いや、ホントに!!

で、今日のグリンはモンダイナイ。
それにしても、家族が来たり、点を取ってあげると落ち着いて投げるね。
ホントにここまで違うかって位に。
家族にずっと居てもらうことは無理なので、やっぱり点を取ってあげないとね。

今日は武田久も良かったが、打線が効果的に点を取ったのも後押ししたかな。
特に7回裏、4-1で2死2塁、打者稲葉、投手加藤の場面。
次が高橋なだけに勝負を避けても良い場面だったが。

あの場面でコーチが行くでもなく、捕手が確認に行くでもなく普通に試合が進んでしまった。
この辺りが下位に低迷しているチームだな、と感じた。

それと、佐藤か高崎のどちらかを2イニング行かせるべきだったのでは?
多くの投手が登板すれば、調子の悪い投手が登板する可能性が出てくる訳で。
明日が三浦だし、交流戦で日程に余裕も出るので、良い投手を引っ張っても良かったと思うけどね。

さて、今日のGAORAの実況はデータを詳しく調べていて良かった。
みんながこんな感じだと良いんだけど。
2008年交流戦へ。
2008年05月18日 (日) | 編集 |
いよいよ交流戦。
今年も福岡で区切りになったのは縁起が良い。新庄の始球式もあったしね。
木下が完封した事が懐かしい。
彼の投球でチームに流れが来た事は間違いない。今年も何とか結果を出して上がってきて欲しいもの。

さて、ここまでのパ・リーグを振り返ってみる。

西武の独走以外は大体予想範囲か。オリックスはもう少しやると思ったが。
ちなみに、シーズン直前の予想はこちら。
http://hamutoka.blog5.fc2.com/blog-date-200803.html

まあ、とにかく西武。

打線が弱いとみたが、破壊的な攻撃力。
打率をみると、各打者が好調を維持していると言う訳でもない。
言うまでも無く、圧倒的な長打力が得点の源だ。

普通は攻撃力向上というと、打つ確率の向上を図るのだが、西武は「ヒットの中身をいかにロングヒットにするか」に腐心し、それに成功している。
この発想はなかった。恐れ入った。

ただ、長打のある打者を揃える戦略は、巨人が長年に渡って実践している。
が、大成功しているとは言えない。
西武との違いは何か。
もちろん機動力だ。走力のある選手が多く、彼らが出塁すれば、打者は配球が読みやすくなり、ますます長打が出やすくなる。

また、勢いに任せて行かせるチーム方針もマッチした。
片岡など、アウトになろうがお構い無しにドンドン走ってくる。普通はあそこまで思い切って出来ないだろう。

選手の能力はもちろんだが、首脳陣の指示、雰囲気作りが良いチームにしている事は間違いない。
まさに首位の座に相応しいチームと言える。

また、投手陣が弱いとみていたが、石井一久、帆足がここまでやるとは思わなかった。
二人ともキャリアが下降気味だっただけに、年間通して働ければ今後の見通しも明るくなる。
先発が安定してきただけに、リリーフの負担が減り好循環になっている。

さて、ここで交流戦に入る。
磐石にも見えるが、落ちる可能性が無い訳でもない。
まずは石井一久。
去年、セ・リーグ相手には良い成績を残しておらず、ここを乗り切れるか。
もしここで打ち込まれる様だと、パ・リーグ各球団の格好の教材になることは間違いない。
また、ここにきてキニーが外れ、許が先発するなど、根本的な先発不足は解消されていない。
石井に不安が露呈すると、先発の弱さが表面化する恐れもある。

打者ではブラゼルだ。
序盤は打ちまくったが、ここに来てパッタリと止まっている。
不振というより、各球団が攻め方を把握してきたと言った方が正しいだろう。
彼にとっては、パほどデータを把握していないセと対戦することが、プラスに転じる可能性がある。
ただ逆に言うと、ここで上昇しないようだと、4番で打線が切れ、攻撃力が低下する事にもなりかねない。

あとは故障者などの不確定要素だが、いずれにしろ、西武が落ちてきてくれないと、他が追いつくのは難しい。

ハムの交流戦キーマンは小田だ。
セ主催試合では、小刻みな継投になる可能性がある。
そんなときに早めに彼を引っ込め、後で小田がいれば…と言った展開にならなければ良いが。
前にも書いたが、左でも積極的に起用して欲しい。小田→小谷野では、相手が喜ぶだけ。

投手ではマイケル不在の中、宮西、建山、武田久の3人がどれだけ踏ん張れるかに掛かっている。
日程は空くが、移動も多く楽では無いはず。セ主催試合もあり、登板自体は増えそうだ。

特に建山!!
頼んだぞ!!

あと糸井!!
早く帰って来い!!

八木!!
なかなか結果が出ませんなぁ…。
見てないんだけど。
2008年05月17日 (土) | 編集 |
一言だけ。
なぜ宮本なんだ!!

あそこで替えるなら久以外の選択肢は無い!!
仮に抑えていたとしても、あれでは建山が死んでしまう!!

今まで彼が積み上げてきたものが、音を立てて崩れてしまう!!

なぜ宮本なんだ!!
2008年5月16日の試合。
2008年05月16日 (金) | 編集 |
今日は完勝。
宮西投入のタイミングが早まった以外は、ほぼ完璧。

やっぱり追加点が取れると楽な継投が出来るし、相手もあきらめるしで良い事尽くめすな~。

で、今日は宮西が流れを止めてくれた。
今日に限らず、(信頼できる)唯一のリリーフ左腕として結果を出してくれている。
本当は先発をやりたいんだと思うけど、この感じで頑張っていけばチャンスも巡ってくるはず。

多田野はもう少し投げて欲しかったけど、前回より抜け球が多かったし、球数も増えてしまった。
中13日と言うより、故障開け実戦3戦目だし、多少疲れたり波がきたりしてもおかしくない。
これから徐々に調子を上げて行ってくれれば。

星野も前回の嫌な感じを払拭できて良かったのでは。
点差があって意識的にカーブを多投したり、制球に気をつけて投げている事が伺え、内容のある投球だった。

打つ方は大隣から6点取れたのが大きい。
今回抑えられると、苦手投手の仲間入り確実だったので。

まあ、今日は配球にも問題があったと思うけどね。
球自体は悪くなかったし、もっと右打者の内を突いてくれば、こうも点は取れなかっただろう。
小谷野なんか、真っ直ぐに完全に遅れてたのにね。スライダーを2安打。
おそらく、前回の西武戦で死球を当てた事が頭にあったのだろう。

ま、相手の事情はともかく、きちんと点が取れた事を評価したい。
一つ注文をつけるなら、陽かな。
2安打を打っているけど、打者有利なカウントで甘い球をあっさりと見送るのはいただけない。
レギュラーを不動のものにするためにも、打てるシチュエーションでは、しっかりと「自分の打撃」をしないとね。
マイケル離脱
2008年05月16日 (金) | 編集 |
マイケル離脱って…。
連続サヨナラが引き飛ぶ悪夢だな、こりゃ…。

う~ん…。
交流戦で日程に余裕ができるのが不幸中の幸いか。

武田久、建山、宮西で勝ちゲームを拾っていく事になろうが、建山に負担をかけ過ぎないようにしたい。
…が、そうも言ってられんのう。

星野がガンちゃんの指摘通りになりつつあるので、何とかもう一人信頼できるリリーフが欲しいところ。
替わりに上がる金森は、下では目立った数字を残してないけど、ふてぶてしさがあるので、上がって変わり身を見せてくれるんじゃ、と期待。
坂元もボール自体は悪くないんだけどね。マウンドでテンパッちゃうのよね。

先発陣、特にグリンにはもっと長く投げて貰わないとね。
多田野も今日が試金石になる。

そして何より、打線がカバーしないとね。
稲葉怪我だけど…。

今日は大隣だからアレだけど、小田と高橋を両方使いたいところ。
あ、交流戦だとスレッジが一塁なんだろうか??
第一回映画レビュー:秒速5センチメートル
2008年05月14日 (水) | 編集 |
私は月に20~30本程度映画を見るのですが、半ば義務化しており、見た後は「良かった」とか「イマイチ」とかだけで、たいした印象に残らず消えていく事が殆どです。

この映画もたぶんにもれず、「まあまあかな」で終わるはずでした。

しかし、見終えてからというもの、じわじわと私の心を侵食していき、昨日などは、寝ても覚めてもこの映画の事ばかりを考えていました。

こんな事は初めてです。

理由は分かっています。
自身を投影させているからに他なりません。
明確な終わりが提示されない事にも、私の抱いている「時間が止まっている」感覚をそのまま表現され、ひどく動揺しているのです。

気になって仕方ないので、もう一度見てみました。
期待を裏切る終わり方で、私の中で消化しきれない部分があったのですが、二度目を見ると、「ああ、彼も完結はしているんだな」と感じ、救われた気がします。
「時間が止まっている」のではなく、たとえ「秒速5センチメートル」だとしても、確かに前に進んでいる、と。

そう考えると、もやもやが少しずつ晴れていく気がします。
が、おそらくこのもやもやは、映画とは関係なく、自身で解決しないといけない事なのでしょう。
監督がもしこの映画を想像だけで作ったのならば、一発ブン殴りたくなります(笑)。

また、この映画は男目線で作られた映画であり、女性からどのように映るのか興味があるところです。

最後になりますが、ファイターズのブログでいきなり映画レビューを書いてしまい、失礼いたしました。
今後の映画レビューについては未定です。





【DVD】秒速5センチメートル


秒速5センチメートル

監督:新海誠

2007年日本


テーマ:映画
ジャンル:映画
2008年5月11日の試合。
2008年05月11日 (日) | 編集 |
牽制悪送球は、失敗を続けても走り続けた事が功を奏した。
また、川が逆シングルで捕りにいった森本の安打も、走力の無い打者なら、正面で取り、踏ん張ってワンバウンド送球でアウトに出来た当たり。

やはりハムの野球は、走力を相手に意識させてナンボ。
安打待ちでは、どうにもならん打線だからね。

地味な試合だが、今はコレでやっていく他無い。

それにしても、今日の6回裏の攻撃には失望した。
先頭の賢介が四球で出たが、稲葉はカウントを取りにくる甘い玉を見逃して、ボール球で三振。スレッジは0-2からボール球をポップフライ。代打小谷野は三球三振。

腹が立つと言うより、脱力した…。

とりあえず言えるのは、左でも小田をそのまま使ってくれ、と。
ここ数年、殆ど左投手と対戦してないので、いきなりは結果が出ないと思う。
ただ、相手からすれば、小田に替わって欲しくて左投手を出している部分もあるはず。
小田→小谷野じゃ、相手は大喜びだろ。

今のハムで、数少ない打てそうな打者。有効に使って欲しい。

昨日は工藤より鵜久森をと書いたが、今日の工藤は内容のある打撃だった。
今日の感じでやってくれれば、守備では一日の長があるだけに、まだまだ安泰か。
2008年5月10日の試合。
2008年05月10日 (土) | 編集 |
藤井は躍動感があって良かった。
イメージしていたヤクルト時代のフォームだった。

負けた事は残念だし、こうした試合で勝ちがつかないと、波に乗れないのはもちろん。
ただ、彼は経験豊富な投手だし、今日の投球で何かを掴んでくれたのでは。
そうであるなら、今日の負けはどうって事は無い。

ハッキリ言って、今日の杉内相手に勝つのは無理。
思い通りのところに投球できていたし、左から右への強風。
右打者の内角へ臆せず飛び込む事が出来、持ち味が更に生きた。

風を考慮し、高橋などは右狙いに徹していたが、杉内の角度のある球を逆方向に打つのは至難の業。
かといって、この風では引っ張っても安打にするのも困難。
今日の場合、左打者しか攻略のチャンスが無かったが、賢介・稲葉で1安打ではお手上げ。

この状況下で、西武打線ならどんなアプローチをしたんだろうか??
その対戦が見たかった。

ただでさえ、今のハムは左に分が悪いのに、ハム打線には勿体無い投球だった。

鵜久森は、あと1・2度あるであろう先発機会で結果を出せるかどうか。
個人的には工藤よりも使って欲しいが…。

5連敗だが、今日の負けはさして響かないはず。明日に期待。
2008年5月7日の試合。
2008年05月07日 (水) | 編集 |
西武に3連敗。

3試合とも勝つチャンスがあったが、現在のチーム力の差が出た。
西武打線の失投を長打にする能力は凄まじい。
それにしても、今年はあっさり3連敗しちゃうところが困りもの。

ただ、小田がやっと力を出せるようになり、ここに来て打線の形が出来てきたのが好材料。
左投手の時も、中途半端な右打者を使う必要は無いと思う。
今日見た限りでは、工藤は左の方が体が流れずにボールが見えているし。逆に右投手だと体が流れるので。

8森本
2鶴岡
4田中
9稲葉
D高橋
7スレッジ
3小田
5小谷野
6陽

この打順が意外と面白いかな、と。
2番はバント、右打ち枠で、鶴岡を下位に置くよりも打線が繋がる気がする。

2番に小田を置いて、小笠原枠でも可。
…さすがにそりゃ無理か。

スレッジのレフトの守備がドンなもんか分からんけど、他のチームだって、ベニーとか松中とか守らせてるんだから、スレッジだってそれ位出来るでしょ。

糸井が戻ってくれば、捕手高橋、7糸井、Dスレッジでも良いし。

あとはまあ、中田がいつ位に上がってくれるのか。
彼が上でやれる打線になれば、そう心配しなくても良い気がする。

今年後半には、打ち勝つチームになっているはず!!

敢えてそう予想するよ!!
上げ下げ。
2008年05月07日 (水) | 編集 |
ダース、両金子⇔歌藤、小谷野、鵜久森

鵜久森上げにはビックリ。
数字は悪くないけど、下でもレギュラーじゃないし、出ても下位だったので。
今年の傾向から、1、2試合は先発のチャンスがあると思うので、そこで結果を出せるかどうか。

下の話で付け加えると、坪井、ジョーンズを揃ってフル出場させる必要があるのかな、と。
ハッキリ言って微妙な立場の選手だし、彼らが出ることによって、鵜久森、市川といったあたりが出られない訳で。
DHに渡部を置けば、捕手今成とか、本来育成すべき選手が使える訳し。

まあ、下の連中も、試合に出してもらえるのが当たり前って感覚になっちゃ困るんで、なんとも難しいところではあるんだけどね。

小谷野が上がったけど、中途半端な状態だと金子誠の二の舞なので。
まあ、その金子と入れ替えるんだから、大丈夫だと思うが。

で、洋平は打席での考え方を変えないと。
洋平タイプの打者に、真っ直ぐで都合よくカウントを取りに来るはずが無い。
下じゃ知らんが、上じゃ変化球でカウントが取れない投手は生き残れない。
頭を使って野球しない限り、何年掛かっても上じゃ役に立たんよ。

あと、歌藤はここらで結果を出さないとね。

上がった人も、下がった人も結果を出せるように頑張って下さい。
2008年5月6日の試合。
2008年05月06日 (火) | 編集 |
バント失敗をゲッツーに取れなかった時点で嫌な予感がして、次の打者に1-3。
真っ直ぐ一本の状況になって、ある程度この結果は覚悟してた。

ある程度覚悟したとはいえ、それでもきっちりHR打つかぁ??
ハム野球ばっかり見てるから、感覚がおかしくなってるのかな??

で、9回といい、初回といい、守備のミスからだもんなぁ。
打てない、守れない、替わりもいないじゃどうしようもない。

尾崎、アルモンテ、陽、高口、今浪と金子の替わりに手を尽くしてるんだけど、駄目ですなぁ…。

この中じゃやっぱり陽だね。
まあ、アレだけど…。

しかし!!

我々はかつて無い瞬間の目撃者でもある!!
未だかつて、これほどまでに送球の酷い内野手が存在したであろうか!?
打球が飛ぶたびに身が縮む思いをするなんて、こんなスリリングな体験を出来る事は幸せなんだ!!

…さて、洋平は打席で少しは頭を使え。
ピンチの場面で、インコースの真っ直ぐでカウントを取りに来るわけ無いだろーが!!

2打席とも甘い変化球を見送って、ボール球を空振り。
ホントに頭が悪いとしか思えない。

ダースはこの前G+中継で見た時よりだいぶ良かった。
真っ直ぐがシュート回転するので、右打者が多い西武相手だった事も大きい。
変化球でもストライクが取れていたし、彼の中ではベストピッチだったのでは。

ただ、次も上で投げるかもしれないけど、過度の期待をせずにいたほうがいい気がする。
う~ん。
2008年05月05日 (月) | 編集 |
テレビをつけたら8回裏。
中島が三振して、「あと一つ取れば勝てるかな」と思った矢先に…。

最初から見てたら頭が沸騰してただろうけど、比較的冷静に見ていられた。

ブラゼルの場面、0-1からインハイ真っ直ぐをセンター前にポトリ。
あの球はどういう意図で投げたんだろうか??

鶴岡の構えもインハイのボールゾーンで、0-1から投げるという事は、打者に振ってもらう事を期待した配球と考えて良いだろう。

最近の武田久の調子、ブラゼルの腕力を考えると、高めの速球でポテンヒットの可能性はかなり高いと思うのだが…。
もし空振りを狙ったのであれば、状況が見えていない「都合の良い配球」と言わざるを得ない。

あの場面、高目を投げるのであれば、もっと高く振ってこない見せ球に。
基本はインローのボールのスライダー、アウトローのボールのフォーク。
バットの届く範囲での力勝負は有り得ないのだが…。

次のGG佐藤には完全なコントロールミス。
ありゃ、知らん。

6-0から負けたのか。
う~ん。
げんかつぎ。
2008年05月04日 (日) | 編集 |
結構げんをかつぐ方なんですよ。
靴下をどっちから履くかとか、テレビを見る時の座る位置、足の組み方とか、とにかく細かい事を。

で、ブログを書いてなかったら連勝しだしたので、げんをかついでました。
(最初の2試合は見てないので、書く材料もなかったんですけど)

このまま14連勝位してくれないかな、とか思ってんですが、そう上手くは行く訳も無く。

で、その間見た試合を箇条書きで。

5/1

  • 吉川フォーム変えた。足を上げるときに少し前かがみに。
  • 変化球多投で、真っ直ぐ狙いの打者から見逃しストライクが取れた。
  • 宮本を里崎の場面で替えたのは正解。まだ右打者には厳しい。
  • 小山はポロリが多すぎ。


5/2

  • 多田野は見ていて面白い。ただ、真っ直ぐが行ってないし、今のままだと慣れられたらどうか。下でもう少し調整してからでも遅くない。抜けた球がボールゾーンに外れたのも良かった。
  • 5回裏吉崎登板で小田に代打高口。左への対応など含めて、もう少し小田が見たかった。
  • 守備が駄目なようだと、飯山の存在意義が…。
  • 吉川⇔多田野か。ローテはどうするのかね。5月5日が空く。可能性があるのは、坂元、八木、ダースくらいか。吉川を落とす事を考えると、八木しかいない。今の西武相手にいきなりぶつかるのはきついが…。


5/4(6回裏まで見て)

  • グリンは援護が無いとはいえ、こういった投球では駄目。イライラが表面に出て、チームの流れが良くならない。
  • 田中は前回より良かった。追い込まれてボールになる変化球を振らされた。ただ、高めに抜けた変化球に手を出して助けてしまった。見極めが出来ていたのは賢介くらいだった。
  • 工藤のスウィングが変わって来た。体が流れて当てるだけだったのが、上手く体重移動が出来て力のある打球が飛ぶようになった。ここまで急激に変わるもんかね。
    去年も好調時にまとめ打ちしており、打撃スタイルといい、好不調の波といい、まさにスラッガーだな。非力だけど。
    今は好調だけど、早かれ遅かれ、フォームを改善すべき。糸井が戻ってくるあたりに入れ替えかな。
  • 星野はガンちゃんが「疲れがたまると打たれ易いフォーム」と指摘。前回に続いて失点しており、ここが一つの山だろう。
    通常であれば入れ替えがあってもいい時期だが、今の鎌ヶ谷はねえ…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。