日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上げ下げ
2008年04月29日 (火) | 編集 |
菊地、佐藤⇔稲田、金子洋とか。

洋平が上がったところで、ジョーンズと大差ない気がするけど、とりあえず期待。

9連戦で菊地を下げざるを得ないのは誤算。
それだけ初戦の印象が悪かったと言う事か。

他に上げる投手もおらんのよね。
成績で見ると伊藤くらいか。

ただ、伊藤も怪我して上に戻してからはイマイチなんだよね。
あえて名前を挙げるなら、宮本と言ってみる。

村田が上がらなかったのは、ひとえにフォーム固めだろうね。
キチンと自分のものにして、下でもレフトを守って昇格に備えて欲しい。

で、ここで上にいる「超低レベルどんぐりーズ」についてまとめてみる。

まずは守備型外野手。
紺田、工藤。
どっちもどっちだけど、前から工藤下げを主張している理由は2点。
1点目は、守備、走塁面で紺田が優っている事。
2点目に打撃。
紺田は実力通りの打力を発揮しており、下に落としたところで向上するとは思えない。(彼自身の打力は向上しているが)
対して工藤は完全に打撃が狂っており、再調整すれば打てる可能性がある。
よって工藤を落とした方が、後々プラスになる可能性がある。

あと、工藤は根本的にフォームを変える必要があると思う。彼のタイプで、あの一本足はメリットが無い。
タイミングが崩れ易いし、一度崩れるとなかなか抜け出せない。
しかも、まぐれでピッタリ合っても、彼の力ではスタンドインできない。

そういった意味でも、下で再調整する必要があると思う。

続いて打撃型野手・左。
小田、佐藤。
実力的に、佐藤下げは妥当なところ。
ただ、工藤や紺田を使うなら、もう少し佐藤を見たかった。

そして守備型内野手。
飯山、高口。
稲田(バント・ムードメーカー・打守普通)上げで、打力に劣る飯山を下げても良かったと思う。
ただ、まだ稲田・金子が万全ではないだろうし、万全になれば下げても良いだろう。
下げて彼の打力が良くなるとは思わないが、守備固めは何人も要らない。
上記工藤と同様に、高口下げでは?と言う向きもあろうが、彼に関してはもう少し様子を見たい。

最後に打撃型内野手。
陽。
現状では、単に守備に難がある選手に過ぎないが…。

彼は右方向への意識が強すぎる気がする。
彼の良さは前が大きい事で、飛ばす力も十分にある。
来た球を素直に打ち返す意識の方が、良い結果が出るのでは。

今のままでは金子誠の様な打者になるか、賢介の様に遠回りする可能性が十分にある。

また、彼は下で鍛える時期を脱していると思う。
人工芝の球場が多いし、適切な指導の下、我慢して起用すべき存在だと思う。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。