日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドラフトは入札抽選 FA期間短縮へ
2008年03月31日 (月) | 編集 |
ドラフトは入札抽選 FA期間短縮へ

最大で2年も短縮になるのか。
ここまで選手会側に擦り寄ることは無いのに。
それと、反対が4球団しかないって事に驚きも。

高卒と大社で分けると、廃部で社会人2年でドラフトってケースもあるので、21歳以上と未満で分けた方が良いんじゃないかな。

ただ、高卒4年間で1年のFA権を取得する選手は殆どいないので、大卒経由が増えそうな気がする。

FA補償の方法も変わるみたいで、獲られた球団がますます損になる印象なので、ドラフト指名権とリンクさせてくるかと思ったけど、どうなのかね?

辛抱強く使って、モノになったらFAの「新井パターン」が増えるのは間違いないんだけど、それで良いのかね??

ま、とりあえず今後の展開に注目。
スポンサーサイト
2008年3月30日の試合。
2008年03月30日 (日) | 編集 |
どうしようもないな…。
あれだけチャンスを作って、ソロの1点だけかよ…。

点が取れない焦りが、投手にも影響している感じがアリアリ。

去年の今頃もこんな感じだったかな。
一番の問題は、球団がしっかりと補強してないことだよな。

打線が弱いのは始まる前から分かってたのに…。

この状態になると、糸井を使い続けて覚醒待ちするしかないかな。
鶴岡を捕手で起用するなら、高橋をDHに。捕手高橋なら、DH、ファーストに洋平、ジョーンズ、スレッジから2人って感じになるかね。
坪井DHはいかにも弱いし、長打が無い。

それと、今日はバントを失敗しまくり、ボール球を振りまくり。
打てない上に相手を助けたんじゃ、勝てる訳無いよなぁ。

う~ん、外国人野手を複数獲ってきてくれないかなぁ…。
ま、無理か。

球団としては、中田が調子を上げてくれるのを待つ方針で、その障壁になる存在を連れて来るとは思えん。

いずれは4番を打ってくれる選手だと思うけど、高卒1年目だからなぁ。
今年は今年で、しっかりと補強してくれないと困るんだけど…。
2008年3月29日の試合。
2008年03月29日 (土) | 編集 |
初回しか見てないんですが、お寒い内容だったみたいですね。
四死球9個にエラーも2つ。
打線も初回の2ランのみで4安打って…。2回以降は2安打かよ。

藤井はハムに来てはじめて見ましたが、ユニフォームの着こなしまで小谷野にそっくり(笑)。
投手であそこまでダボダボだと、さすがにかっこ悪い気がする。
他の投手はスラッとした選手が多いだけに。

まあ、そんなことはさておき、ヤクルト時代より躍動感が無くなった気がする。
もっと飛び跳ねたり、くるっと1回転したり、べろを出したり、マウンドで踊っていた印象なんだけど。

1イニングしか見てないし、今日は出来も悪かっただろうから、次回に期待。

田中は松坂みたいに、左足をゆっくりと上げるフォームになったのかね。
打者は慣れるまで戸惑うかも。
ただ、走者が出るとそうもいかないので、とにかく、塁に出てプレッシャーを与える事ですな。

ただ、ハムの苦手投手の系譜に、マー君が仲間入りしたことは間違いない。
え、とっくに仲間入りしてるって??

それにしても、同じ投手にやられすぎだよなぁ。
チームとして無策なのか、単に選手の能力が足りないのか…。

どっちも嫌だな…。
2008年3月27日の試合。
2008年03月28日 (金) | 編集 |
良い試合でしたね。
エース対決として申し分ない投げ合いで。

ただ、欲を言えば9回で決着をつけて欲しかった。
涌井は終盤、球が浮いてきていただけにね。

10回は糸井の所で高橋もあるかと思ったけど、あそこで出していたら歩かされただろうね。
ハムは高橋の後の代打がいないんだよね。
坪井はゴロが多い打者なので、塁が埋まっている場面には向かないし。

仮に1・2塁で、稲田勝負でも面白かったけどね。
彼も安打は出ていないけど、内容は良かったので。

まあ、先頭四球に暴投じゃ、これで取れなきゃいつ取るのって感じだからね。
涌井も疲れが出てたんでしょ。

鶴岡に代えて高橋も、外野フライを打てる確率が高いと踏んでの起用でしょう。
結果的にはゴロのヒットだったけど。

高橋にとっては厳しいシーズンで出しだけど、投手を迎えるときは真っ先にベンチを出たり、腐らずにやって行けばチャンスが出てくるはず。

そういう姿は、他球団の編成も見ているからね。

野口もヤクルト時代はそれをモチベーションにしていた訳だし、たとえハムで出番が無くとも、とにかく腐らずやっていって欲しい。

ま、今日勝つと負けるじゃえらい違いなんで、勝って良かったですね。
2008年3月26日の試合。
2008年03月26日 (水) | 編集 |
大事な対岸の緒戦に1点も取れず。
チャンスは結構あったのになぁ。今年これからを考える上でも残念な結果に。

吉川は真っ直ぐは良いんだけど、スライダーが全く駄目。
変化してないし、打ち頃の球にしか見えない。
カーブとチェンジアップを磨いていった方が良いのでは。

芝草推薦のブラゼルに、早速2発でましたな。
本塁打するのはさすがだと思うけど、2発目の攻め方はどうかね。
1本目は外側の変化しないスライダー(吉川)だったのに、2発目も外側の浮いたチェンジアップ。
スウィーニーは球が浮いて長打を打たれる傾向が強いのは分かり切っているのに、前の打席と同じ様な球を要求するのはどういう意図だったのか。
あの時点で試合の体勢は決していたんだから、もっと探るような攻めがあって良かったのでは。

豊島が初登板。
いつでもストライクが取れそうで、クイックも出来そう。
昨日の宮西よりはリリーフに適正がありそう。

レフトの守備のおかげとはいえ、スレッジが2安打打ったのが明るい材料かな。
ブラゼルみたいに打つかもしれないし。

今日は高橋を使うかと思ったけど、坪井のままだったね。
糸井や鶴岡といい、見込んだ選手をしぶとく使いますな。(新監督にありがちだけど)
起用された選手は、チャンスがある内に結果を出してほしいものです。
2008年3月25日の試合。
2008年03月25日 (火) | 編集 |
賢介2本目の場面。

初球ど真ん中のスライダーに全く反応せず。
ストレート狙いは分かっていた。が、あえて高めの真っ直ぐで釣るが、それを打たれる。
今日の西口の球威で、この攻めはない。しかも真っ直ぐを本塁打している打者に。

それにしても、西口の球に力が全く無く、寂しかった。

武田勝は序盤は不安定も、中盤以降立ち直った。
ただ、今日の展開では何とも判断つかんね。
とりあえず、幸先良くスタートできたことは何より。

宮西は右打者にも角度がある球を投げられるので、左右問わず、とりあえず短いイニングからって感じか。
ただ、制球力があまりなく、クイックも苦手そうに見えるので、競った展開でどうか。

明日は岸。
今日ほど打てるとは思えないので、スレッジの打順変更も考慮すべきでは。

芝草がしつこくブラゼルをプッシュして笑えた。
解説の感じは悪くないので、もっと長い文章をしゃべれるようになると良いですな。
2008年3月23日の試合。
2008年03月23日 (日) | 編集 |
まあ、やっぱりと言うか、点が入りそうな気配が無かったね。
チャンスで稲葉が凡退しちゃうと、どうしようもないんだよね。他に得点パターンが無いので。
次の打者が弱いので、相手からすると稲葉だけマークしてればいいので楽だろうね。

まあ、早いトコ新外国人を連れてきてもらわないと。アダム、ブキャナン、リーファーあたり。
西武が買い戻す前に、是非ともリーファーを。
どっちにしろ、2人とも大活躍するなんて、まずないんだから。

あと、今日は小谷野が精彩を欠いて見えた。
打席では大振りだし、守備も雑に見えたし。
今の彼が不動のレギュラーじゃ困るんだよな。
サードも出来る出戻り外国人って、誰がいたっけ??

ただ、今日は梨田采配の一端が見られて良かった。
信二の本塁打の後で代打攻勢。
工藤、紺田、坪井と、ポジションを争う選手を一気に使った。(しかも糸井に代打を出して)

(糸井に代わって出た)紺田が内野安打を放った時、糸井がベンチで悔しそうな顔をしていたのが印象に残った。
選手に気を抜かせない采配は、見ている側も面白い。
前監督は守備に入る選手がそのまま代打するケースが多かったので、アグレッシブな選手起用はなかなか面白いモノがある。

まあ、そうは言っても結局点が取れなかったんだけどね。
次の西武戦は西口、岸、涌井か…。

………。
2008開幕戦
2008年03月20日 (木) | 編集 |
・ラッキーで勝てた。西岡のはセーフ。早川が3盗失敗してくれた。鶴岡、稀哲の当たりは投ゴロ。しかも、稀哲のは西岡までファンブルするし。その上、小林宏之が緊急降板。去年の交流戦の様な、不思議な勝ち。
・ダルは斉藤和己みたいなタメフォームに。投げ下ろす事を意識している?ボールゾーンに落ちる球を使えれば、もっと三振が取れそう。初回は凄かったけど、すぐにバテた。
・打線は貧弱そのもの。小林が降板後もポテン安打1本のみ。誰が出ても打てない。
・アブレイユはフォームがでかい。クイックは出来るのか?
・スレッジはハムのゴロキング。ツボにきて、自分のスイングが出来てもフライにならない。フライが打てないローボールヒッターって初めて見た。別に見たかないけど。
・鶴岡は自身の左側(右打者のインサイドの球)を捕るときにミットが沈む。体も動くので、ストライクを取ってくれないケースが増えそうだ。

今年も、投手におんぶにだっこのシーズンになりそうな予感…。
さあ、2008開幕
2008年03月17日 (月) | 編集 |
オープン戦の全日程が終わり、いよいよパ・リーグ開幕へ。
2008年のパを占ってみたい。

まずは昨年の覇者、日本ハム。
積極的なトレードを敢行し、投手力がアップしたことは間違いない。
藤井が加わり、年間通して計算できる先発が1人増えたことは大きい。坂元・宮西も戦力になりそうだ。

中村や歌藤、そして2年目の宮本・山本は期待値に達していないが、中継ぎ左腕がゼロだった昨年とは比較にならないほど、リリーフ左腕も充実してきた。
投手陣での鍵は武田勝。
彼が昨年末のような感じだと、藤井の加入がプラスにならなくなり、一転苦しくなる。その場合、投手の外国人選手獲得が急務になる。

また、外国人打者が2人揃って活躍する確率は低いと言わざるを得ず、いずれにしろ、いつ外国人打者を連れてくるかがポイントになる。
アダム、ブキャナンクラスでも、日本経験者をいかに早い段階で獲得できるか。球団のやる気が問われる。

なにしろ、稲葉の後を打つ打者がいかんせん弱い。
シーズンに入れば、勝負どころで稲葉を歩かせるケースが多くなるはず。
2・3と左が続くだけに、4番は右が好ましい。
この状況は分かりきっているのに、左のスレッジを獲得した球団の見識を疑ってしまう…。

とにかく、稲葉の後をどうするか。
ここが弱いままだと、稲葉の打撃までも崩れ、「ハム打線ジ・エンド」になる可能性が高い。

ロッテはYFKが抜けた穴をどうするか。
荻野、川崎は昨年も活躍しており、仮に今年働いたとしても、穴を埋めたことにはならない。
シコースキー、アブレイユ、新戦力の働き次第になるが、昨年のファーム成績を見ると、新人以外にこれといった候補が見当たらない。

幸い、完投能力の高い先発が揃っているが、成瀬、小林宏之に昨年と同等以上の貯金を求めるのは酷な話。清水、渡辺俊介がどれだけ貯金を増やせるか。

野手は、ズレータがフルで出場できればかなりのプラス。主力に怪我人が出なければ、高いレベルで安定した打線を組めそうだ。

ソフトバンクは斉藤が今期微妙、和田も開幕には間に合わない。
杉内の出来が良いが、ここまでのキャリアははっきりと「隔年投手」を示しており、今年は駄目な年になるが…。
個人的に新垣はもう一ランク上の投手になれると思っているが、オープン戦を見る限り、あまり進歩していない様子。
ただ、大隣は今年はやりそうだし、大場や多数の外国人投手など、先発の頭数は揃っている。

それよりも、馬原に不安があり、リリーフが心配の種。
元々、複数年活躍する中継ぎ投手が少ないチームであり、リリーフ陣に不安がある。

また、相変わらずレギュラーと控えの差が大きいのがネック。
去年1年間を見ても、捕手は相変わらずだし、松田以外これといった若い選手の台頭が見られなかった。
レギュラーに高齢の選手が多く、毎年離脱者が出ていることからも、今年誰も離脱しないと考えるのは虫が良すぎるだろう。
前評判ほど磐石なチームとは思わないが…。

楽天は田中がかなり成長している。
今年は球界を代表する成績を残しても決して驚かない。
ただ、そうなると五輪で抜けることになり、層が薄いだけに、逆にチームが苦しくなる可能性もある。
となると、やはり岩隈に期待したいところ。
彼にとっても、今年駄目だと、このままズルズルとキャリアを後退させかねないので、勝負の年になるだろう。
あとは、長谷部がいつ本来の投球が出来るようになるか。

この3人がしっかり固まるようだと、Aクラス以上も十分にありえる。

ただ、問題はリリーフか。
抑えを期待された小山はオープン戦でさっぱり。他の投手も、昨年登板過多だった投手が多く、不安が残る。

打線は去年とあまり変わりないが、山崎に去年並みの数字を期待するのはさすがに酷だろう。
昨年良くなかったフェルナンデスの巻き返しが鍵になる。長打力のある大広の台頭にも期待したいところ。

前評判の低い西武だが、やはり厳しい戦いになりそうだ。
石井の加入で先発が1枚加わったことは大きいが、本質的に投手が足りない。
特にリリーフで頼りになる存在が少ないので、先発が崩れると、試合を持ちこたえることが出来ない。
そうなるとどうしても、軸となる涌井に掛かる負担が大きくなる。五輪で彼が抜けると、チームが崩壊する危険性すらある。
石井は完投能力に欠ける為、キニーら新戦力で完投できる先発の台頭が望まれる。
また、層の薄いリリーフ陣を立て直すためにも、小野寺の復権は必須事項だ。

野手では、カブレラ、和田と中心打者が抜けた。
栗山、おかわり、松阪ら楽しみな選手は多いが、彼らが今年レギュラーに定着し、長打を連発するかと言えば、厳しいと考えるのが妥当だ。
また、外国人選手も、2人揃って彼らに匹敵する成績をクリア出来ると考えている人間はいないだろう。

かつて西武は、安定した守備と隙の無い走塁で12球団のお手本となるチームだった。
主力打者の抜けた今期は、打撃のチームから、大胆なコンバート等で、守備・走塁を重視するチームに変わる選択肢もある。
今のところその気配は無いが、下馬評の低いチームは、大胆な事もやりやすいので、新監督の手腕にも注目したい。

オリックスはカブレラ、浜中、古木が加わり、チームの色がガラッと変わった。
昨季は「走れる選手がいない」と監督がぼやいていたが、今期は監督の構想自体を変える事になった。

ただ、長距離砲を集めても、勝利に直結しないことは歴史が物語っている。
ビッグボーイズは脅威この上ないが、1番打者や6番以降が相変わらず流動的だ。
軸がしっかりすることで、周りへの波及効果を期待したいが、元来打線のつながりが悪いチームだけに、上手くいくかどうか。
カブレラを獲得するのであれば、浜中、古木ではなく、つなぎの選手を獲得する方法もあったのでは。

出だしで躓くと、ビッグボーイズが個人成績に走り、ますます打線として機能しなくなる恐れも出てくるため、スタートダッシュが鍵を握りそうだ。

ただ、投手陣がかなり苦しい。
大久保、ユウキが抜け、リリーフが厳しい。
また、先発も岸田、平野、デイビーが開幕前に不安を抱えている状況で、いきなり火の車だ。
元々軸となる投手がいないだけに、若手の大化けに望みを託すしかない。
そのためにも、去年は駄目だった、1軍、2軍の風通しの良さは必須事項となる。

原則的に、今年のパは混戦になろう。
五輪期間が未知数であり、下馬評の低いチームでも、外国人選手次第で上位に来る可能性は十分にある。
また、注目度の高い新人も多く入団し、楽しみな一年になりそうだ。
さよなら、ジョニー
2008年03月15日 (土) | 編集 |
黒木の引退登板。
ニュースでチラッと見ただけですが、彼の投球はもちろん、福浦のスイングにもぐっと来た。
一人の選手が去るというだけでなく、一つの時代が確実に終わりを告げた寂しさを感じた。

さて、ヤフー動画で豊島を見ました。
高校時代の動画では、長谷部の様な独特のフォームだったんですが、今日見た感じだと、普通のサウスポーといった印象でしたね。



で、今日見た印象だと結構コントロールがいいな、と。
ファールで粘られても、ストライクを投げ続けられるのは大きな才能。
他のリリーフ左腕次第では、早期一軍もあるかも。
これからが楽しみ。
ひとつの形
2008年03月15日 (土) | 編集 |
昨日の横浜戦のオーダーが今期の基本的な形になりそう。

1塁にスレッジ、ジョーンズが入り、DHに坪井、レフトに糸井、工藤。

1塁、DHは決め手に欠けるので、洋平、市川、中田らを含めた争いになり、高橋が入ることもあろう。陽が3塁に入れば小谷野1塁もある。(この形が多くなる気がする。)

糸井、工藤を両方使いたくても、1塁・DHタイプじゃないのが一番辛いトコかな。
それと、どうしても右打者が不足気味。
スレッジが固定されると尚更。

中田や鵜久森にも、そろそろ頭角を現してきて欲しいもの。
尾崎がコンバートになっただけに尚更。

ここ数年を見ると、外国人選手は全くあてにならないので、自前でチームを作っていって、DHを外国人選手で競わせる形に持っていければ申し分ないんだけどね。
オープン戦
2008年03月13日 (木) | 編集 |
盗塁阻止率が異常に低いのが気になる。
全ての原因が捕手にあるとは思わないが、野口以降、スローイングが安定した捕手が出てこないね。
中田翔について。
2008年03月11日 (火) | 編集 |
中田 翔 考察
ダルの一声「中田1軍にいろ」後輩にゲキ - 野球ニュース nikkansports.com

正直言って、もう少し打つと思ってた。
開幕は一軍でスタートして、一回りするあたりで降格するかも、って考えてました。

壁にぶち当たっているところで、周囲の助けが必要だと思うけど、最終的には本人が乗り越えなくては。
高卒ルーキーの中で、待遇が良かった分、風当たりも強くなるって事を、理解してきたんじゃないかな。
「この待遇を望んだわけじゃない」って思うだろうけど、それは運命として受け入れるしかないよね。

それを受け入れる事が出来れば、彼自身変わっていけるのでは。
自分が変わらなきゃ周囲は変わってくれない。
(偉そうに書いてますが、私自身、自戒を込めて…。)

で、このまま上に置いておくのは難しいかな。
これ以上自信を失っても困るし、下の選手が腐るとチームとしても困る。
それに、下にいれば周囲は静かになるし、現状を見つめ直すいい転機になるんでないかな。
そこで初めて助言にも耳を傾けられる状態になるのでは。

清原のときはさすがに覚えてないけど、松井のときはここまでではなかった。
中田報道の加熱振りは異常。
下で冷却期間を置く事が必要だと思う。
ダルだって、謹慎期間を経て今がある訳だし。

もちろん、時間を置けば解決する訳ではなく、あくまで本人次第だけどね。
2008年3月5日 オープン戦
2008年03月06日 (木) | 編集 |
オープン戦をヤフー動画でチョロッと見ました。

スカパーに入ったけど、今日はヤフー動画のみでガッカリ。
テレビを見ながら、ぼけーっとウェブチェックをしたかったんだけど。

まあ、それはさておき、今日は坂元が良かった。
ヤクルト時代はスライダー投手という印象だったけど、今日の感じでは、真っ直ぐを両サイドに投げ分けられる所が良かった。
反面、スライダーは高く浮いていたけど、力のある真っ直ぐで追い込んで、フォークで打ち取るパターンでやっていけるのでは。
ハムには押し込んでいけるタイプが少ないだけに、貴重な存在としてやってくれそう。

が、中村は厳しいね。
とにかくストライクが入らない。
球に力が無いからコースを狙うけど、それが外れてカウントを悪くする悪循環。

金村を出しただけに活躍してくれないと困るんだけど、今日の感じだと、試合に出しても困ることになりそう。

まあ、先は長いので、修正して戦力になって欲しいもの。
日刊スポーツが地域別を廃止し一本化。
2008年03月04日 (火) | 編集 |
>いつもご利用いただき、ありがとうございます。3月3日、ニッカンスポーツ・コムが生まれ変わりました。これまでの各地域ページを一本化、ポータル部分に収容し、プロ野球やJリーグのチーム別ページを新設してより見やすく、充実させてお届けしています。新しくなったニッカンスポーツ・コムでこれからもお楽しみください。

との事。

3月4日0時時点では、かなり情報が減っている。
今までは情報量が一番豊富だっただけに、今後もこの感じだと、WEB情報に頼っている身にはかなり痛い。

以前の情報量維持を期待したいが、元々日刊本体は情報量が少なく、それに統合されたとなれば望み薄か…。

そうなると、消去法で公式サイトの重要性が増すので、こちらに期待したいが………。

ハム番日記 「なんくるないさ」ではすまされない

2軍の国頭の方が施設が良いみたいだし、切り替えた方が良いんじゃないかね。
今のままじゃ、チームの選手会が首を縦に振らないだろうし。
国頭も2軍のために施設を作ったわけじゃないだろうし、今のままじゃお互いが不幸な訳で。

で、せっかくブログに移行したんで、ハム番日記にトラックバックする機会を伺ってたんだけど、日刊の統合でハム番日記がブログじゃなくなり、トラックバック出来ずにガッカリです。(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。