日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
完敗の選手会 主張受け入れられず
2008年02月25日 (月) | 編集 |
完敗の選手会 主張受け入れられず

選手会が権利を持つと、かつての競馬ゲームみたいに、実名騎手と名前もじり騎手が混在することにもなりかねないので、ファン的には良かったかな。

実際は、選手もお金を貰っているわけだし、ゲームやカードの場合は、チームに所属しているから商品化される訳なんで。
何でもかんでも主張するのはどうかと思うんだけど。

今は個人でプロダクションと契約する流れが出来てるんで、そっちで頑張れよ、と。
それに、清原やハンカチ王子の様に、プロ入りする前からスター選手ならともかく、大抵は球団に育ててもらったから今がある訳で。
何でもかんでも主張するのはどうかと思うんだけど。

>このビジネスをより大きなものにするには、双方が協力的な関係を築いていく必要があるのだが…。
ただ、球団側もビジネスを拡大する努力をする必要があるだろうね。
球団が赤字で大変…って事は知れ渡ってるけど、その割には変化が無い感じ。

以前、ハムの公式サイトが貧弱と書いたけど、全球団見渡して見ると、似たようなところが多いのよね。

まず、レイアウトが分かりづらくて、どこを見て良いのか分からない事が多い。
野球は高齢のファンも多いんだし、パッと見で分かるようにしないと駄目だろ。

苦心してキャンプ情報にたどり着いても、肝心の内容がお粗末。
昔はテレビでキャンプ情報を全チームやってくれてたけど、今じゃ中田や由規をチョロっとやって終わり。
マスコミが取り上げてくれないのに、自身で発信しようとする姿勢が感じられない。

せっかく関心を持って来てくれたファンをどう考えているのだろうか?

野球に関心を持つ始まりは、父親だったり、知り合いだったり、人づてにスタートするケースが殆どだろう。
だとしたら、このきっかけを与えてくれる野球ファンは、これ以上無い営業マンな訳で。

彼らを大事にしていかないと、球界の未来はないよ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。