日本ハムファイターズと映画とかの雑記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NHKスペシャル「日本とアメリカ(3)日本野球は“宝の山”・大リーグ経営革命の秘密」
2008年02月09日 (土) | 編集 |
*これは移行前に書いたエントリーですが、通常通りに表示されなかったので、こちらに転載いたします。

_/_/_/_/ここから↓_/_/_/_/

を見ました。

大リーグの貪欲さを再認識しました。
日本人選手の流出や、日本での公式戦の開催など、プロ野球の今後を危惧する声は以前からありますが、日本球界はどの程度努力しているのかな、と。
大リーグ球団が、日本や中国を新たな市場として狙っているのに対して、日本はどうなのかな。
努力していると思えるのは、巨人くらいじゃないかな。

少なくともハムは、言葉が通じる日本国内にも、その努力の跡が伺えない。

直前のエントリーにも書いたけど、ハムは公式サイトをどのように考えているのだろうか??
Webサイトというのは、世界中に情報を発信できる強力なツールだと思うのだが、積極的に活用しているとは、到底思えない。

公式サイトへの訪問者をどう分析しているのだろうか。
スポーツ新聞等のサイトで情報を収集し、更なる情報を求めて公式サイトに来るというパターンが多いのではないだろうか?
テレビCMなどと違い、進んで情報を欲している人、いわば超優良顧客(候補)に対してこの情報量。

今でこそ、北海道メディアが報道してくれるようになったが、かつてマスコミから見向きもされないと悩んでいたのに、自らアピールする姿勢が全く感じられない。
キャンプや2軍戦を直接見ないと何も分からない。東京時代と何も変わらない。
まさにシンジラレナーイ。

昨日の紅白戦にしても、記事を書く絶好のチャンスなのに、意味のない感嘆符ばかりで、全く中身が無い。
日本ハム球団という、会社を代表して書いているのにあんな文章。はずかしくないのかね??

写真ばかりベタベタと貼っているけど、昨日は小山が捕手として出場しており、彼は結局捕手で行くのかどうか、とか、コンバート報道があった尾崎はどうしているのか、とか、書く材料は山ほどあるはず。

また、中田やダルなどスター選手は報道機関が取り上げてくれるが、その他の選手を売り込むことも、球団として大事な仕事のはず。
繰り返しになるけど、サイトに来てくれる人は、関心を持ってきてくれるんだから。
その人たちに情報提供しないで、いったいどうやってアピールしていくの??

話は大分それましたが、放送中では「第2の打率」など、興味深い話題もありました。
それについてはいずれ書いてみたいと思います。
スポンサーサイト
移行しました
2008年02月09日 (土) | 編集 |
今まで利用していた「@wiki」のサービスは、元々ブログに特化したものではなく、ブログとして使うには物足りない部分がありました。
また、blogプラグインは暫定的なもので、いつ使えなくなっても仕方が無いという立ち位置でした。

そんな折、昨日から新規エントリーを投稿しても、正常に反映されなくなってしまいましたので、これを機に、ブログに完全に移行しようと思います。

今まで利用してくださった方々には、ご不便をおかけする事もあるかと思いますが、何卒よろしくお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。